スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十日戎

十日戎①
Canon PowerShot G10

先週末、大阪ミナミの恵比寿町
今宮戎神社の十日戎に行ってきました。

当日は、車で行ったのですが、
昼からものすごい人と車で、周辺の駐車場も満車ばかり。。

結局停めることができず、行ったのは日が変わる寸前でした。
しかし相変わらずものすごい人出で、びっくりしました。

恵比寿様は商売の神様なので、参拝の人も自営業の人が多く、
仕事終わってから来る人も多いので、夜中までいっぱいなのだそうな!

お賽銭も豪勢で、一万円札が飛び交うのを目の当たりにしました。
まぁご利益があれば、安いものなのかもしれませんw
十日戎②
Canon PowerShot G10

阪神高速の真下、こんな街中に大きな神社があるんですね~
普段は全く気付かなかったけど、日本って代わった国だなぁと思いました。

出店もたくさん出ていて、夜中とは思えない活気がありました。
残念ながら買った広島焼は焼けていませんでしたが。。。
十日戎③
Canon PowerShot G10

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑ ブログランキング参加中!!一押しくださいm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今宮は十日戎は三大えびすに数えられるようです。
ちなみに有名戎の一覧と起源。

①今宮戎神社の十日戎の起源  十日戎の行事は江戸時代中ごろから賑わいを見せだし、延宝三年(1675)の現在残る最古の 大阪の案内の図「葦分舟」には今宮の十日戎の風景が描かれています。

②西宮神社の十日戎の起源  毎年商売繁盛を祈願する十日えびすは、古くは御狩神事(みかりしんじ)とか忌籠祭(いごもりさい)と称されていました。かっては、市中の各戸も九日の夕刻に門を閉じ、静寂を守っていたことが室町時代の重篇応仁記に記録されています。

③堀川戎の十日戎の起源  江戸時代中ごろより祭礼が盛り上がり、 ミナミの今宮えびすとキタの堀川えびす が大阪の 十日えびすを代表するようになる。

④大阪天満宮の十日戎の起源  戦後途絶えていた十日戎を、上方落語教会会長 桂三枝の意向もあり復活する。

⑤柳原蛭子神社の十日戎の起源  神戸市兵庫区の柳原のえべっさんの十日戎は、そんなに古い行事ではなく、先々代の宮司(井上四郎宮司)が、西柳原町内や柳原商店街や福海寺(大黒さん)の協力をえて、西宮戎(西宮神社)の十日戎の繁栄を参考に始めた。

⑥脇浜戎大社(高おがみ神社) 
今宮戎や西宮戎と並んで、三大戎神社として知られる、泉州で最も古い戎社。脇浜・二色浜海岸一帯は、古来より豊かな漁場と白砂青松の景勝地として知られ、奈良・京都の都に近いことから、宮中で食事などを司る「内膳司」という役所によって御漁場が置かれていた。

三大十日戎 ①西宮神社 ②今宮神社 ③京都戎神社(柳原蛭子神社)(堀川戎神社)(脇浜戎大社) などが三大十日戎としてあげられる。

プロフィール

もりぜん

Author:もりぜん
社会人もとうとう7年目になりました!
一児の父として、日々の出来事や雑感を書いています。

趣味は、ロードバイク・旅行など・・・
もっと時間がほしい今日この頃^^

オンラインカウンター
今このブログを見ているのは…
現在の閲覧者数:
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。